できること

インプラントで気を付けることとは何か

歯を失った後の治療法としてインプラントを導入する人が増えてきました。失った歯の代わりにあごの骨に直接穴をあけネジをいれ、その上に人口歯をつけたものをインプラントといいます。 直接、あごの骨につけるので入れ歯のように取れることがなくぐらつくことがありません。食事の時にはしっかり噛むことが出来るのが特徴です。見た目も自然歯と同じ色にすることでより近い歯に見せることができるようになります。 このようなことから入れ歯やブリッジよりも、インプラントを選ぶ人が多くなっているのです。 口の中の状態やあごの骨の状態によって、インプラントを入れることが出来ない人もいます。骨に十分な深さと幅がなければ穴を開けることが出来ないのです。

上手に歯科医院にかかるために

一生自分の歯で食べることが理想なのですが歯周病などで失った場合には、インプラントをすることでまたぐらつかないしっかりした歯を取り戻すことが出来ます。 治療は、健康保険の適用とならないため自己負担となります。 また、一本のインプラントを入れるのに約半年くらいかかることになります。あごの骨に穴を開けて、インプラントを入れて骨と結合するまで一定の期間かかることになるのです。 インプラントを入れた後は、自分でしっかり歯周病予防のためにケアをしなければいけないのです。自然歯よりもインプラントを入れた根元は歯周病になりやすいのです。丁寧な歯ブラシで予防し、定期的に歯科医に通院して歯の状態の確認と歯周病予防のための歯垢をとるためです。 大事な歯をずっと維持していくためにも毎日のケアがとても重要となるのです。